MENU

CLOSE

むくみと塩分と水分の関係!塩分を体外に排出するには?

むくみと塩分と水分の関係!塩分を体外に排出するには?

77views

カテゴリ:未分類

むくみと塩分、水分の関係

c52cd32b15aaa8f607ae579b403ef5e5_s

塩分の過剰摂取

塩分を摂取すると体の中でナトリウムとなり骨、細胞外液などに運搬されますが、その際にナトリウムを運搬する役割を担っているのがカリウムと言えます。カリウムが不足すると代わりに水分を摂取することで体内の塩分濃度を低下させようとします。だから脳が喉が渇いたといった指令を出して体が水分を求めると言えます。

そんな訳でナトリウムには水分を多く取り込む性質があり、過剰に塩分と水分を摂取することにより体液が増加し毛管内の水分が増え過ぎてしまいます。そして血管から押し広げられることで血圧が上昇するので毛細血管より水分が染み出すから体がむくんでしまうのです。

過剰に摂取したナトリウムは自然に体外に排出されますが塩分を取り過ぎた場合は腎臓機能が正常の人でも、すぐには調節することは出来ません。なので余分なナトリウムが排出されるまでに2日、3日かかるので塩分の過剰摂取には注意しる必要があると言えます。

水分の過剰摂取

塩分の過剰摂取と同様に水分の過剰摂取もむくみの原因になると思われています。ですが実際には水分を過剰に摂取してもむくむことはないと言えます。その訳は水を過剰に摂取しても余分な水分は腎臓の作用により尿となり体外へ排出されます。体内の水分が少ない時には尿の量を減らすことで体内の水分量を調整し、喉が渇くことで水分を摂取するように働きかけます。

水の過剰摂取をすることで体がむくむように思うのは、体内の水分調整が完了するのにタイムラグがあるからです。体内の水分量が増加したことを感知し腎臓の作用で尿を排出しますが、完全に調節することは出来ず、あとはホルモンの働きに任せることになります。その調節に2、3日必要なのでその間はむくんでいる様に感じてしまいます。

なので腎臓機能に問題がない健康な人でも塩分の摂取は控えめにするように心がけ、さらに水分も適量摂取することがむくみ対策として肝心と言えます。さらに腎臓の働きを良くすることも重要なのでなるべく体を冷やさないように普段から意識するようにして下さい。

塩分を体外に排出する方法とは

ce9563e6864c5ee0b1c5d7d7ea26bf58_s

カリウムを摂取する

塩分の過剰摂取により生じたむくみを解消する為には塩分を体外へ排出する必要があります。その為の方法はカリウムと水を同時に摂取することです。カリウムは体内の塩分と水分を結合する性質があり、カリウムと水分を一緒に摂取することで尿量が増加します。カリウムだけではなく水分を同時に摂ることにより体内の塩分を水分と一緒に尿といった形で体外に排出することでむくみを解消できます。

カリウムを多く含む食品としては干し柿、無塩タイプのトマトジュース、バナナ、グレープフルーツなどを挙げられます。体がむくんだ時だけではなく濃い目の味付けが好き、インスタントや缶詰などをよく食べるという人は日頃からカリウムを摂取するようにしましょう。

二日酔いの症状や外食中心の食生活で食品からカリウムを摂取するのが難しい人にお勧めなのが、むくみ解消サプリです。むくみ対策のサプリの大半にはカリウムが含まれていますが、きちんと成分が確認した上で購入するようにしましょう。

汗をかく

汗をかく為に運動をすることをお勧めします。ウォーキングやジョギング、サイクリングなどなら気軽に1人で行なうことが出来ますし、場所や時間を選ばないのも魅力と言えます。運動が苦手という場合は半身浴やサウナなどでしっかりと汗を流しましょう。

汗が塩辛いことは誰もが知っていると言えますし、汗をかくことで塩分や体内の不純物を体外へ排出することが出来ます。それと絶対に忘れないで欲しい点は汗をかく前には必ず水を摂取することです。

c52cd32b15aaa8f607ae579b403ef5e5_s

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事