MENU

CLOSE

むくみ解消サプリメントの成分と選ぶときの注意点

むくみ解消サプリメントの成分と選ぶときの注意点

65views

カテゴリ:未分類

サプリメントにはどんな栄養素が含まれているのか?

51c2b06617dfd3a60995b3b48768a846_s

「むくみ解消に効果的だから」という理由で、単純にサプリメントを 使うのも悪くはないですが 、 賢く使って行くなら、「サプリメントにどんな栄養素が含まれているのか?」も知っておきたいところです。 販売されているサプリメントによって成分に多少の違いはあるものの、必ず含まれている成分は次のようなものになっています。

カリウム

人間の体にはナトリウムが存在していますが、それと 真逆の成分として存在しているのがカリウムです。 ナトリウムは要するに塩分です。 カリウムはミネラルに相当します。 この二つはお互いが、 シーソーのようにバランスを取り合っている関係。むくみやすい人はこのナトリウムとカリウムのバランスが取れていないということになるのですが、特にナトリウムが増えやすい傾向にあるのです。

つまり、食生活で塩分が濃いものを好んで摂取している人はむくみやすい ということになります。 カリウムを上手に摂取することでカリウムとナトリウムのシーソーのバランスをうまくとってむくみを解消させるシステムです。

シトルリン

シトルリンは デトックス作用がある成分です。 シトルリンはスイカに多く含まれています。 むくみは体に余計な水分が溜まっている状態ですから、 シトルリンを摂取することで、余計な水分をデトックスする効果があるのです。

利尿効果が強いので、 トイレが近くなる傾向にありますが、決して副作用というわけではないので安心してください。 また血管の拡張にもつながるので、 冷え性の改善にもつながります。 血管が拡張すると筋肉がつきやすくなるので、 体を動かすことを意識すれば、 体温を維持することも難しくありません。

メリロート

メリロートは消化不良や体のむくみ用の薬としてヨーロッパでは普通に使われていました。 甘い香りが特徴的で、利用するときのストレスもありません。

マメ科のハーブにあたります。 メリロートもデトックス効果や利尿作用、 血管の拡大をサポートしてくれるのですが、急性肝不全などの副作用が起こる可能性があるので、摂取する量には注意してください。 メリロートは厚生労働省から1日の摂取量を注意するように述べられています。 それは、1日あたり300ミリグラム以下です。 そのため、早くむくみを解消したいからといって過剰に摂取するのはやめてください。

ポリフェノール

ポリフェノールは、抗酸化作用によるアンチエイジングやデトックスが 期待できる成分として知られています。 新陳代謝の向上や美肌作りにも役に立つのです。 緑茶や紅茶、コーヒーなどに含まれています。私たちの体には活性酸素が存在しています。

活性酸素は体内に侵入してきた菌と戦う力を持っているのですが、暴飲暴食を繰り返していたり、 過剰な 飲酒や喫煙を すると、菌と 戦う力が強くなりすぎて、活性酸素が増えすぎてしまうのです。これが、むくみやだるさにつながります。 抗酸化作用はこれを抑えてくれる働きがあるのです。

サプリメントを選ぶときの注意点

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

むくみの対策としてぜひ取り入れたいサプリメントですが、品質が良いサプリメントもあれば、 そうではないサプリメントも存在しています。 だから、サプリメントを選ぶときの注意点を知っておく必要があるのです。 むくみ対策でサプリメントを利用したいと思っている人は次のようなポイントに注意してみてください。

化学成分と無添加物が含まれていない

これはどのサプリメントにも言えることです。 サプリメントを購入する時に「JSA法」や「健康増進法」という 2つの制度がに 注目してください。 この制度に基づいて、「どんな内容物を利用しているのか?」を必ず記載するように求められています。

しかも、「一番最初に表示する」というのがポイントです。 そのため、 パッケージの裏面にあまり馴染みのない 成分 が一番最初に書いてあり、 2番目にカリウムやメリロートが書いてある場合には注意が必要です。 化学成分が含まれている可能性があります。

51c2b06617dfd3a60995b3b48768a846_s

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事