MENU

CLOSE

寝る前に・起きた後に!むくみ解消体操とストレッチ

寝る前に・起きた後に!むくみ解消体操とストレッチ

65views

カテゴリ:未分類

夜は足が、朝は顔や手がむくむ?

301ac2b645a9804ade4356adc8ce237e_s

むくみの正体は水分です

ふくらはぎや手、顔がパンパンに膨れてしまうむくみ。膨らんでしまった部分を見るとちょっと嫌な気持ちになってしまいます。そこで、むくみを解消できるようにしっかり対策を行いたいのですが、どうやら朝と夜でむくむ場所が違うようです。

むくんでしまった場所に詰まっているのは水分。水分が重力に負けて集まることで体の一部がむくんでしまいます。そのため、むくんでしまうのは体の末端や頬の部分になります。夜と朝のむくみ対策が異なるのは、重力のかかり方が理由です。日中は立つことや座ることが多いので水分は足に集まります。だから、一日の終わりには足がむくみやすいです。逆に夜寝ている時は重力が頭に向かってかかるので顔や手がむくみやすいです。

よって、むくみ対策のグッズやエクササイズも水分を別のところに流してあげる事を目的にしています。しかし、むくまない生活を送るためにはもっと根本を解決することも重要です。

普段の生活で体がむくんでしまう習慣

身体がむくんでしまうのは水分が原因でした。ということは、体内の水分量が増えるほどむくみやすくなります。私たちの体は水分量を一定に調整するために、飲んだ分は汗や尿として体外に出ています。水をたくさん飲むことは問題ではありません。では、どんなことが問題なのでしょうか?

答えは体の水分調節がうまくいかなくなることです。例えばお酒を飲むとアルコールのせいで水分調節機能が乱れます。同じようにストレスやホルモンバランスが乱れることで退社がうまくいかなくなるでしょう。そして、お酒やストレスがない人でも気を付けたいのが塩分の取り過ぎです。

塩分とはナトリウムのこと。体の中のナトリウム濃度が濃くなると自律神経の乱れが起きてしまうので、塩分をたくさん摂った体は水で薄めようとします。塩分をとると喉が渇くのもその原理で、飲んだ水分は体に溜まります。そして、血管に収まりきらない水分が流れ出るわけです。

むくみ解消サプリってどんな効果があるの?

そこで、体内のナトリウム濃度を下げる方法は尿として排泄すること。そのためには水をたくさん飲むか、ナトリウムとバランスをとることのできるカリウムをとることです。カリウムはナトリウムを排泄する働きがあるので、水を飲むだけよりも効果的です。また、野菜や果物を食べないことによるカリウム不足もあるので、むくみ対策としてサプリメントを摂取するのも効果的です。

むくみが解消すると血中の水分も減ります。これは高血圧の改善を意味するため、血管や腎臓への負担を減らすことが可能です。

朝と夜にオススメな体操・ストレッチ

af74d7c6c26b20ab3885b3172368c7d2_s

朝のむくみはこうして解消

朝のむくみは顔や手に出やすいです。顔の場合はマッサージでリンパの流れをよくします。目の周りをぐるぐる押すことや、耳の下から首に向けてマッサージすること、左の鎖骨をさすることなどが効果的です。強く押しすぎると血管やリンパ管を潰してしまい、水分が流れません。他にはホットタオルで温めるの効果的です。

手のむくみを解消するときは、手を顔の位置くらいまで挙げて、ぶらぶらと振ることやグーパーしてみること、他に思いきり伸びをすることなどが効果的です。少なくとも、手から舌に水分を流すようにします。

夜のむくみは寝ながらストレッチ

では、足のむくみを解消するときはどうするのか?こちらは寝たままでも対策ができます。ふくらはぎが上に上がればよいので、仰向けにして脚だけ上げる方法や、うつぶせの状態でふくらはぎだけを上下に動かす方法などが簡単です。他にはサギのポーズといって座った状態で脚を上げるストレッチもあります。

301ac2b645a9804ade4356adc8ce237e_s

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事